ミニ特別展


ミニ特別展「大理石に保存されたウミユリ化石」開催!

開催期間:令和4年5月10日(火)~令和5年5月7日(日)

場  所:秋吉台科学博物館 2階展示スペース

 

 秋吉台は約3億年前の化石が豊潤に産出する地域として世界的に有名です。石灰岩がマグマの熱などの影響を受け結晶質になったものを大理石といい、この大理石も秋吉台のあちこちから見つかります。大理石には化石が残らないことが普通ですが、極まれに化石が保存されることがあります。このたび当博物館秘蔵の化石を博物館の展示スペースの一角で特別展として期間限定で公開します。

ミニ特別展「秋吉八幡宮の石材」開催!

開催期間:令和4年7月12日(火)~令和5年7月9日(日)

場所:秋吉台科学博物館 2階展示スペース

 

 秋吉八幡宮は美祢市秋芳町秋吉宿に位置し、古より鎮守として地域に祀られてきました。平安初期に始まるとの縁起があり、名実ともに秋吉を代表する神社です。

 社殿の背後に屹立する経塚山は秋吉台東の台の南端にあたり、複数の大理石採石場跡があることでも知られています。

 

 本特別展では、秋吉八幡宮で使用されている石材を地質学的な視点から観察し、そこから読み取れる情報を紹介します。また秋吉台地域における採石の歴史と現状についても紹介します。